マネープラス まとめのblog

マネープラスは主に2chまとめなどの生活・経済に関する面白い記事・画像とその他の様々なライフスタイルを紹介するまとめブログです。


    Koki,黒ビキニショット「肩から腕の感じがパパ」「美少女という言葉がぴったり」など反響 - スポーツ報知
    俳優の木村拓哉(46)と歌手の工藤静香(49)の次女でモデルのKoki,(16)が18日、自身のインスタグラムを6日ぶりに更新。白い花を髪にさしたビキニショットなどが反響 ...
    (出典:スポーツ報知)


    が生後1ヶ月の時にポートレートを撮影しており「(Kōki,が)モデルの仕事をすることがあったらファーストショットは自分が撮る」と決めていたという。Koki,はモデルの仕事に5歳のときから憧れていたが、15歳でデビューしようと決めていたわけではなく、「自分の心が“今だ”と言ったから。遅いとも早いとも思
    14キロバイト (1,830 語) - 2019年8月6日 (火) 11:49



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    めちゃ綺麗やん
    このスタイルは誰見ても「う、ら、や、ま、し、い」だょ!

    1

    https://hochi.news/articles/20190818-OHT1T50081.html
    2019年8月18日 14時54分スポーツ報知
     
     俳優の木村拓哉(46)と歌手の工藤静香(49)の次女でモデルのKoki,(16)が18日、自身のインスタグラムを6日ぶりに更新。白い花を髪にさしたビキニショットなどが反響を呼んでいる。

     Koki,は英語で「みなさん、いかがお過ごしですか?」とつづり、黒系のビキニを着て白い花を持ったアンニュイな表情と、白い花を耳の上にさして、まっすぐ前を見据えた目力のあるショットを投稿した。

     この投稿には4時間あまりで9万件を超す「いいね!」がつけられた。

     ツイッターでは「久々にインスタ更新」「間違いなく可愛い」「わぉ~ジャングルっぽ~ 肩から腕の感じがパパっぽ~ 細いけどたくましさ出てる 鍛えてるもんね 格好いいが似合ってきた #木村拓哉 #Koki 肉体美」「白い花を髪にさしたKokiさん 本当に可愛い 美少女という言葉がぴったりですね」などの声が並んだ。


    (出典 hochi.news)


    (出典 hochi.news)



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 kininaru-saishin-news.com)



    (出典 up.gc-img.net)



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    https://kininaru-saishin-news.com/wp-content/uploads/2018/05/Screen-Shot-2018-05-28-at-8.13.35.png


    (出典 www.crank-in.net)



    (出典 nordot-res.cloudinary.com)



    (出典 i.daily.jp)



    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 belle.work)



    (出典 up.gc-img.net)



    (出典 i.pinimg.com)


    【画像あり【モデル新星】木村拓哉の次女・Koki(16),インスタで黒ビキニショット「肩から腕の感じがパパ」、9万件を超す「超いいね」とSNSで反響】の続きを読む


    アジアでは日本、中国、韓国この3か国関係がうまくいかないと、アジア全体が不穏な環境になる。

    1 蚯蚓φ ★

    日本は自分たちの隣国を、時には辺境、時には起源の地と見て、自分たちの侵略を合理化した。最近も見られる近隣諸国を必要以上に蔑視する発言の背景には、自らの数千年に及ぶ隣人の地を植民地にしてしまった日本帝国主義の歴史がある。こうした日本の自己矛盾的歴史観が、今日なお近隣諸国を意図的に無視する態度として現れている。

    日本が韓国に対して他国と異なり行ったことは、昨日今日の事ではない。第二次世界大戦のよく似た敗戦国でありながら、周辺国に対する態度に変わりがないドイツと比べれれば、日本の姿勢は一層理解されない。日本は米国と西欧国家には過度なまでに低姿勢で、被害の当事者である韓国と中国には極度の反感と嫌悪感を示す。

    こうした日本の矛盾的な態度の裏には、19世紀末から始まった日本の東アジア侵略と文化財侵奪事業があった。日本は、自分たちを大陸から下った天孫民族と自任してきた。韓国を植民地にしたことは、すなわち自分たちの「故郷」を植民地にしたつもりだった。日本は、韓国を越えて満州を経て中国を侵略し、日本民族の北方起源説でこれを正当化してきた。日本は朝鮮半島を自分たちの故郷であり同時に劣等な植民地統治の対象と見た。過去100年余りに及ぶ日本人の歪曲された韓国観は、こうした自己矛盾的歴史観の産物である。
    (中略)

    日本の朝鮮半島認識の根源

    日帝は1920年代から朝鮮半島を越えて満州と中国一帯に勢力を拡大し始めた。それにより日本帝国主義の考古学者たちが朝鮮半島を眺める観点も変化した。すなわち金石併用期と北方文化論が登場したのである。

    金石併用期という用語は、元々ヨーロッパとユーラシア考古学の用語で、新石器時代と青銅器時代の間に存在した時代をいう。しかし日帝は、この用語を朝鮮半島に取り入れて、韓国人はまともな青銅器や鉄器を使うことができなかった劣等な人種という意味に誤解して使った。早い話が、櫛目文土器に代表される新石器文化に留まった土着の韓国人集団と、無文土器の青銅器文化で先行していた日本民族が、混じって住んでいたということである。こうした金石併用期説によると、朝鮮半島の発達したすべての遺物は、北は中国の植民地である楽浪、南では日本の植民地である任那日本府の影響が及んでから初めて現れたことになる。日帝の考古学者らも、すでに櫛目文土器と無文土器がお互いに異なる時代ということは十分にわかっていた。日本国内でも、新石器時代である縄文時代と朝鮮半島から渡った渡来人が作り出した弥生文化が、お互いに時期を異にして存在したことを知っていたからである。しかし、日帝が組んだ金石併用期というフレームは、解放以後も約30年間持続し、韓国文化の自主的発展を否定する他律性とアイデンティティ論の基盤になった。


    (出典 img.hani.co.kr)

    ▲20世紀初め、日本人が日本の原住民である「コロボックル」を想像して描いた絵。日本人は自分たちを天孫民族と強調するために、原住民を未開な姿で描いた=カン・イヌク氏提供//ハンギョレ新聞社

    また、別の日本帝国主義考古学者の観点である北方文化論は、日本人の起源を朝鮮半島を越えて北方満州と見る理論である。このような日本人の態勢転換は、1920年代から露骨化された満州と中国の侵略に関連がある。自分たちが侵略しなければならない土地は、元々は日本人の起源の地だから、侵略ではなく故郷の回復であるという強引な論理だった。この説は、北方ユーラシアの優越な騎馬民族が馬に乗って日本列島へ下り、古墳時代の主人公になったという騎馬民族説に整理することができる。

    現地人は未開化させ、彼らの間には偉大な日本人の先祖がいるという論理は、朝鮮半島に対する認識と特に違うところがないのである。最近まで韓国でも「北方ユーラシアは元々私たちの領土」だったと根拠が貧弱な主張が流れたが、実はその根は日本軍国主義が主張した侵略論理と一脈相通ずる。

    日本はこのように、自分たちの隣国を時には辺境と見なし、時には起源の地と見なして、自分たちの侵略を合理化した。最近になっても現れる近隣諸国を必要以上に蔑視する発言の背景には、自分の数千年に及ぶ隣国を植民地にしてしまった日本帝国主義の歴史がある。このような日本の自己矛盾的歴史観が、今日近隣諸国を意図的に無視する態度として現れたのである。

    カン・イヌク慶煕大史学科教授

    http://www.hani.co.kr/arti/culture/book/902476.html
    韓国語原文入力:2019-07-19 06:00 M.S

    ソース:ハンギョレ新聞日本語版<日本はなぜ韓国を「取り戻すべき故郷」と言うのか>
    http://japan.hani.co.kr/arti/culture/34130.html


    【注目  日本が隣国を辺境、起源地とみなしているという見解】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)


    彼女が3か月で12キロぐらい減量できたそうです。すごいです。そういえば、最近ますます綺麗に見えるようになった気がします。

    1 湛然 ★

    8/19(月) 5:00 スポニチアネックス
    佐藤仁美“ライザップ婚”、5歳下「テニプリ」俳優細貝圭と 12キロ減量で彼のハートに“コミット!”
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-00000002-spnannex-ent

    結婚することが分かった佐藤仁美(左)と細貝圭

    (出典 amd.c.yimg.jp)



     女優の佐藤仁美(39)が、俳優の細貝圭(34)と結婚することが18日、分かった。交際約1年でのゴールイン。2人とも誕生日が10月10日で、佐藤が5歳年上。早ければ、佐藤が40歳を迎える今年の誕生日にも婚姻届を提出する予定。

     2人は17年8月に舞台「History of Pops」で共演し、仲良くなった。佐藤は同年10月のツイッターで、一緒に誕生日を祝ったことを明かし「同じ誕生日の細貝圭くん お祝いにきっつーいお酒をもらった」などと紹介。昨年1月にも「細貝圭くんの舞台見に行って来たよ~」とつづっており、その後に本格的な交際がスタートした。

     スポニチ本紙の取材では、結婚を決めた2人は周囲に報告を始めている。知人は「自然な流れで誕生日を結婚記念日とすることに決めたようです」と話している。

     佐藤は95年に「第20回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを獲得し、芸能界入り。清純派女優として活動してきたが、近年はバラエティー番組でも活躍。酒豪キャラや結婚できないキャラを売りにしてきたが、私生活で静かに愛を育んでいた。

     成功の裏にあるのが、昨年1月に始めたジム「ライザップ」でのダイエットだ。3カ月で61・6キロから49・4キロとなり、12・2キロの減量に成功。CMに出演し「奇麗になった」と話題になった。ダイエットに挑戦した理由は40歳を前にして「結婚したい!」という強い思いがあったからだ。減量後の会見では「交際0カ月婚が憧れ」などと結婚願望を明かしており、見事に“コミット”した。

     細貝はミュージカル「テニスの王子様」など、舞台を中心に活動するイケメン。23歳までのほとんどを米国で過ごし、07年の帰国後に俳優業をスタート。英語が堪能で、現地の大学を卒業している。

     友人は「佐藤さんがあねご肌なので、年下の旦那さんはピッタリ。甘~い結婚生活で、幸せ太りのリバウンドがないことを祈っています」と祝福した。

     ◆佐藤 仁美(さとう・ひとみ)1979年(昭54)10月10日生まれ、愛知県出身の39歳。95年にホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞。同年にテレビ朝日系「海がきこえる~アイがあるから」でドラマデビュー。97年に初主演映画「バウンス ko GALS」でブルーリボン賞新人賞などを受賞。99年にNHK連続テレビ小説「あすか」、16年に同「とと姉ちゃん」に出演。趣味は映画、音楽鑑賞。1メートル56。血液型A。

     ◆細貝 圭(ほそがい・けい)1984年(昭59)10月10日生まれ、東京都出身の34歳。08年にミュージカル「テニスの王子様」でデビュー。その後も「戦国BASARA」(10年)、「新・幕末純情伝」(16年)など舞台を中心に活躍。11年にテレビ朝日「海賊戦隊ゴーカイジャー」に準レギュラー出演。15年には映画「新宿スワン」に出演した。趣味は野球観戦、旅行。特技は英語、バスケットボール。1メートル83。血液型A。

    (おわり)


    【注目 佐藤仁美と俳優細貝圭が結婚する。 】の続きを読む

    このページのトップヘ