マネープラス まとめのblog

マネープラスは主に2chまとめなどの生活・経済に関する面白い記事・画像とその他の様々なライフスタイルを紹介するまとめブログです。


    大事になっているね。あおり運転は許さん。

    1

    “あおり殴打” 逮捕の2人、容疑認める

    茨城県の高速道路で車を運転していた男性が、男に「あおり運転」をされた上、殴られた事件で、警察は、男と、その交際相手の女を傷害などの疑いで逮捕した。

    この事件は、今月10日、茨城県守谷市の常磐自動車道で、24歳の男性が運転する車に「あおり運転」をして停車させたうえ、「*ぞ」などと怒鳴りながら、男性の顔を数回殴りケガをさせたとして、会社役員の宮崎文夫容疑者が傷害の疑いで逮捕されたもの。

    宮崎容疑者は、事件後、指名手配されていたが、18日午前、大阪市東住吉区にあるマンションで身柄を確保され、日本テレビのカメラが、その瞬間を撮影していた。

    宮崎文夫容疑者(43)「ちょっと待ってください。自ら出頭するって今電話してますので。自ら出頭するっていうことを、今電話してますので。今から行きますので、自分の意思で。後ろを張り付くように付いてきてください。ほんとに。ほんとに。逃げも隠れもしません。あおり男の容疑をいただいている…、行かしてください、ほんとに。喜本さん! カメラに向かってしゃべれ」

    喜本奈津子容疑者(51)「私たち逃げも隠れもしないんで」

    また、警察は、事件当時、宮崎容疑者と一緒に現場にいた交際相手の喜本奈津子容疑者が、宮崎容疑者をかくまって食事を提供していたとして逮捕した。

    この映像が撮影される直前、宮崎容疑者らは大阪市内の警察署に出頭する旨の電話をしていたという。

    その後、宮崎容疑者は大阪の東住吉警察署から移送され、途中で静岡県内の警察施設などに寄ったあと、身柄を茨城県の取手警察署へ移された。

    調べに対し2人は容疑を認めていて、警察は、今後動機や経緯について詳しく調べる方針。

    2019年8月19日 05:10 日テレニュース
    http://www.news24.jp/articles/2019/08/19/07485102.html

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【注目 あおり運転容疑者宮崎の女性知人 「私たち逃げも隠れもしないで」】の続きを読む


    あおり運転が注目されているいま、この容疑者にどのような懲罰をくだすか、注視したいもの。

    1

    茨城県守谷市の常磐自動車道で10日、男性会社員(24)があおり運転を受け、車を停止させられた上、殴られた事件で、傷害容疑で指名手配された宮崎文夫容疑者(43)が18日、大阪市内の自宅マンション近くの駐車場で警察に身柄を確保された。

    【写真】宮崎文夫容疑者は何度も「きもとさん」とさけび現場は騒然

    「出頭する」などといい、警察官ともみ合いになったが、身柄を確保され、水戸ナンバーの警察車両に入った。現場には、知人とみられる女性もおり、女性も別の警察車両に乗せられた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-08180301-nksports-soci

    画像
    逮捕時に何度も「きもとさん」と叫び警察と揉み合う宮崎容疑者

    (出典 www.nikkansports.com)


    ★1:2019/08/18(日) 12:14:07.28
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1566116990/


    【注目 あおり運転宮崎文夫容疑者身元確保】の続きを読む


    アルキメデスの大戦』(アルキメデスのたいせん:The Great War of Archimedes)は、三田紀房による日本漫画、およびそれを原作とした実写版映画。 軍艦、戦闘機など旧日本海軍兵器開発・製造について、当時技術戦略と人間模様をテーマにしたノンフィクション作品。
    77キロバイト (13,248 語) - 2019年8月18日 (日) 01:28



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    舘ひろしさんが言ったとおりです。反省しないまま現代につながっている。

    1 幻の右 ★

    映画「アルキメデスの大戦」山本五十六役・舘ひろし氏


    74年前の8月15日、戦争が終わった。第2次世界大戦下、日本の最高技術を結集して建造された戦艦「大和」。
    公開中の映画「アルキメデスの大戦」(山崎貴監督)では、史実とフィクションを交えながら巨大戦艦誕生までの攻防を描く。

    戦争シーンはほとんどなく、不正を暴くプロセスを丁寧に描いたこの作品。
    「建造計画を止めることが戦争回避に通ずる」と主張した軍人、山本五十六を演じた役者は何を思ったか。

    ――振り返ると、なぜあのとき止められなかったのだろうと思ってしまいます。

    いま考えたら日本中の誰もが分かる。日本海軍は世界第3位の強さを持っていたけれど、米国と戦争してかなうわけがない。
    艦隊派といわれた人は、海軍兵学校や陸軍士官学校、あるいは東大を出ている。

    日本の頭がいいといわれる人たちが戦争をして勝てるかもしれないと思った。ここに戦争の本質がある。
    みんな戦争のことを話したがらないけれども、実はここをもう一回総括するべきだと思う。
    なぜかというと、太平洋戦争というのは日本のエリートたちが*た失敗の宝庫だから。

    ――総括ができていないと思われますか?

    五十六が「これからは飛行機の時代」って言っているのに巨大戦艦が造られてしまった。止めることができなかった。
    山崎監督がおっしゃっていますが、「大和」というのは日本という国の象徴ですよね。絶対に沈まないと思って造っている。
    世の中に絶対がないということがどうして分からないのかな。本当に無責任な戦争をしたと思います。

    ――失敗を反省していないことが現代につながっている。

    本当にたくさんの失敗をした。骨のある軍人は自決し、生き残った軍人たちはどこか死にきれなかった。
    仲間が*でいったという気持ちがあるので話したがらない。それからズルした軍人たちは知らんぷりをして蓋をしてしまう。

    どうしてうまくいったのか、なぜ失敗したのかを検証しないんですね。失敗したことに関して、傷口に塩を塗るなみたいな風潮がある。
    日本人にとって気分がいいのかもしれないけれど、それは戦争について真剣に考えていないんじゃないかと思うんだよね。

    ――一度始めてしまうと思考停止し、落ちるところまで落ちないと気がすまない歴史があります。

    日本では戦闘で負けて帰ってきても、まだ機動部隊の司令長官だったり。情に流されて能力主義じゃないところがある。
    なんとなく雰囲気に流されて、情とか気分で戦争してたんじゃないかな。

    ――山崎監督は「大和が抱えていた問題を考えることは、今の日本を考えることにつながる」と危惧しています。

    まず「大和」という巨大戦艦を造ってしまったという事実、この失敗をちゃんと検証するべき。
    いわゆる声の大きい人間に押されていく傾向がありますよね。戦争はしてはいけないというのと、
    国を守るということがごっちゃになってしまって整理できていないと思います。

    例えば、毎日のように北朝鮮のミサイル発射のニュースを見ます。
    トランプ大統領は「短距離ミサイルだから大丈夫」と言っているけれど日本には届くんですよ。それでいいんでしょうか。


    ▼舘ひろし(たち・ひろし)1950年、愛知県名古屋市生まれ。76年「暴力教室」で映画デビュー。
    83年から石原プロモーションに所属し、俳優として活躍。主な出演作品に映画「免許がない!」「さらば あぶない刑事」、
    「パパとムスメの7日間」(TBS系)など。2018年公開「終わった人」では、カナダ・モントリオール世界映画祭最優秀男優賞を受賞。
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/260305

    ★1が立った日時:2019/08/15(木) 16:43:58.27

    ※前スレ
    【芸能】 舘ひろし 「太平洋戦争は日本のエリートたちが*た失敗の宝庫だ」★5
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1565896472/


    (出典 kisspress.jp)


    【注目  映画「アルキメデスの大戦」で山本五十六役を演じた舘ひろし 太平洋戦争発言】の続きを読む

    このページのトップヘ