マネープラス

マネープラスは主に2chまとめなどの生活・経済に関する面白い記事・画像とその他の様々なライフスタイルを紹介するまとめブログです。

  • Twitter
  • RSS


    ブーン・ピケンズ氏死去 米著名投資家 - 京都新聞
    ブーン・ピケンズ氏(米著名投資家)米メディアによると、11日に死去。91歳。死因は不明。 28年、オクラホマ州生まれ。大学卒業後に石油会社に入り、石油の掘削などを ...
    (出典:京都新聞)


    日米貿易摩擦(にちべいぼうえきまさつ)とは、第二次世界大戦敗戦後の日米関係において発生した貿易摩擦をはじめとする経済的要因によって発生した軋轢のこと。 第二次世界大戦敗戦後、日本の経済成長と技術革新に裏打ちされた国際競争力の強化によって、アメリカに大量の日本製品が流入した。1960年代後半の繊維製
    18キロバイト (2,713 語) - 2019年8月27日 (火) 09:58



    (出典 www.sankeibiz.jp)


    脳卒中を数回起こし、老衰で亡くなられた報道もありました。
    1980年代に活躍したアメリカで最も有名な投資家の一人です。
    ご冥福をお祈りいたします!


    1


    (出典 img.5ch.net)

    ブーン・ピケンズ氏(米著名投資家)米メディアによると、11日に死去。91歳。死因は不明。

    28年、オクラホマ州生まれ。大学卒業後に石油会社に入り、石油の掘削などを行う会社を設立した。
    次第に投資に軸足を移し、80年代には相次いで米石油大手の買収に乗り出した。いずれも失敗したが、保有株の売却で巨額の資産を築いた。

    「乗っ取り屋」と呼ばれ、日本では80年代末から90年代初めにかけて自動車部品メーカーの小糸製作所の株を買い占めた。
    ピケンズ氏は役員を派遣しようとしたが、小糸側が拒否したため「日米投資摩擦」として話題になった。(共同通信)

    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/469855

    (出典 www.okinawatimes.co.jp)



    (出典 www.sankeibiz.jp)



    (出典 assets.bwbx.io)



    (出典 www.at-s.com)


    【【訃報】石油王ピケンズ氏が死去(91歳)、多彩な経歴をもって企業買収家から投資家に転身】の続きを読む


    元NGT山口真帆、ファンを“オタク”呼ばわり…他メンバーを“クズ”、崩れる事件の構図 | ビジネスジャーナル - Business Journal
    アイドルグループNGT48元メンバーの山口真帆が、一転して窮地に陥りかねない事態に見舞われている――。1月、山口が自身の暴行被害をSNS上で告発したことが発端と ...
    (出典:Business Journal)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    犯人と運営は癒着していると問題視されていた山口襲撃事件は再度注目されました。
    今回の音声データを公開されたら、騒動を再度炎上しますね。

    1

    山口真帆(公式ツイッターアカウントより ※画像は削除済)

    (出典 biz-journal.jp)


     アイドルグループNGT48元メンバーの山口真帆が、一転して窮地に陥りかねない事態に見舞われている――。

     1月、山口が自身の暴行被害をSNS上で告発したことが発端となり、メンバー間の確執や一部メンバーとファンとの交際疑惑が取り沙汰される事態に発展。これを受けNGT48の運営元AKSは3月、暴行事件に関する第三者委員会の報告書を発表し記者会見を開いたが、その会見内でまたもや“事件”が起きた。

     会見に出席した松村匠取締役(当時)らは、暴行事件へのメンバーの関与はなかったものの、42名中12名が一部のファンと“つながり”を持っていたと報告し、その責任は運営体制の不備にあったとして、当該メンバーへの処分等は行わないと説明した。

     これを受け山口は、会見が行われている時間帯に、自身のTwitter上で次のように投稿した。

    「なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい」

    「報告書に記載もないのに繋がりには挨拶も含まれるというのは勝手な解釈です。他のファンには公表できないような、特定のファンとの私的交流を繋がりというのはメンバーのみならずファンの皆さんも認識していると思います。証拠がないとおっしゃっていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」

     会見でこの山口の投稿について質問を受けた松村氏は、「(会見での発言について)訂正させていただきます」「私の勘違いでした」などと発言し、運営元と山口の間の不信が露呈した格好となった。

     その後、山口はNGTを卒業し、5月からは数多くの人気俳優を擁する大手芸能事務所「研音」に所属。9月には初の写真集が発売されることも決定し、先月にはNGT卒業後としては初となるメディア生出演を果たすなど順調な活動ぶりをみせている。

     そんな山口が、実はNGT所属当時にファンとつながっていたという吉成夏子・AKS社長の発言を、8月27日付「文春オンライン」が伝えている。AKSはすでに山口に暴行を加えたとされる男性ファンらを民事提訴しているが、「文春」記事によれば、この男性ファンはAKSに対し「もともとつながっていたのは山口さんです」などと証言していると、吉成社長はNGTメンバーの保護者に説明しているという。

    ■西潟と太野のクビへの執着

     さらに9月7日付「文春オンライン」は、事件直後に山口と他のメンバー1人が犯人たちを追及する様子を収めた音声が、事件を調査した第三者委員会に提出されていたと報じ、その生々しい内容を掲載している。週刊誌記者は語る。

    「『文春』記事によれば、音声内で、山口が犯人グループとつながっていると考えていた西潟茉莉奈と太野彩香について“本当にクズ”と発言したり、ファンのことを“オタク”などと呼んだりしています。世間から抱かれているイメージとは真逆の山口の“本性”が明かされた格好となり、イメージダウンは必至でしょう」

     山口は3月のAKSの会見中、「松村匠取締役は<繋がっているメンバーを全員解雇する>と私に約束しました。その為の第三者委員会だと、私も今までずっと耐えてきました」などとツイートしていたが、別の週刊誌記者は語る。

    「音声には『その関わっているメンバーの子も、ほんとに辞めさせるから、私』(『文春』より)という山口の発言があり、さらに犯人たちが否定しているにもかかわらず、執拗に西潟と太野との“つながり”を問いただしており、とにかくこの2人を辞めさせることで頭がいっぱいという様子がうかがえます。実際に、騒動が過熱していた当時、取材した関係者の間からも『山口は敵対するメンバーを追い出したいだけ』という声も多く聞かれました。

     さらに、もしAKSの吉成社長の『もともと(ファンと)つながっていたのは山口』という証言が事実であれば、“結局、すべてが山口のワガママ”とも受け止められ、再スタートを切ったばかりの芸能活動に影響が出かねないでしょう。AKSはすでに犯人とみられる男性らを提訴しており、裁判の過程で山口がファンと交際をしていた事実が明らかになる可能性もある。そうなれば“山口=純粋な被害者”という構図も崩れるかもしれません」

     騒動発覚から8カ月、事態は新たな局面を迎えようとしている。(文=編集部)

    Business Journal 2019.09.10
    https://biz-journal.jp/2019/09/post_118212.html

    ★1:2019/09/10(火) 22:29:41.13
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1568160198/


    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 xn--y8jwb6b8e.tokyo)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 i.imgur.com)



    (出典 onomatome.net)


    【【芸能界・再度騒動】元NGT山口真帆、ファンを“オタク”呼ばわり…騒動発覚から8カ月、事態は新たな局面を迎え】の続きを読む

    このページのトップヘ