マネープラス まとめのblog

マネープラスは主に2chまとめなどの生活・経済に関する面白い記事・画像とその他の様々なライフスタイルを紹介するまとめブログです。

    カテゴリ:経済 > 中国経済


    コラム:中国ファーウェイ、打ち砕かれる「5G世界制覇」の夢 - ロイター (Reuters Japan)
    [香港/ロンドン 18日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が危機に陥っている。世界各国で「法の壁」と高まるセキュリティー上の ...
    (出典:ロイター (Reuters Japan))


    ファーウェイ (Huaweiからのリダイレクト)
    9 Huawei Mate 10 Pro Huawei Mate 10 lite Huawei Mate 20 Pro Huawei Mate 20 lite Pシリーズ Huawei Ascend P7 Huawei P8 lite Huawei P8 max Huawei P9 Huawei P9
    67キロバイト (9,171 語) - 2019年5月18日 (土) 21:35



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    こんな状態を続くと決していい結果にはならないよ!冷静に考えてほしい‼️

    1 アルカリ性寝屋川市民 ★ :2019/05/20(月) 07:43:10.56

    日曜日にロイターが指摘したように、オープンソースライセンスで保護されているものを除き、GoogleはHuaweiとのハードウェアおよびソフトウェア製品の譲渡を必要とする事業を中断した。中国の技術会社は、米国政府との戦いで そしてその決定は、ドナルド・トランプ政府が中国の企業を商業上のブラックリストに入れた後に行われたが、ファーウェイの場合、紛争はスパイ行為の告発にまで及ぶため最後の関税違反の前に行われた。

    このようにして、トランプ政権が戦争を宣言して以来、Huawei社は最大の危機に瀕している可能性があります。なぜなら、彼らが動作するAndroidオペレーティングシステムをアップデートすることも、アプリケーションをダウンロードすることもできないからです。

    したがって、Huawei Technologiesは、すべてのスマートフォンが動作するAndroidオペレーティングシステムのアップデートへの即時アクセスを失い、次期バージョンのGoogle PlayストアやGmailなどの一般的なアプリケーションやサービスも提供されなくなります。

    同じ情報筋によると、拒否される特定のサービスの詳細については、Alphabet Incが所有するGoogleの内部で引き続き議論されています。Huaweiの弁護士はまた、商務省の行動の影響を評価している、と中国企業のスポークスマンは金曜日に言った。

    アジアの会社は、オープンソースライセンスを通じて入手可能なAndroidバージョンにアクセスすることができ、それを使用したい人なら誰でも利用できます。しかし、Googleによると、HuaweiのサービスとAndroidに対するテクニカルサポートとサポートの提供は中止されるという。

    Donald Trumpの政府は木曜日にHuaweiを公式にブラックリストに入れ、技術大手が米国企業と取引する能力を非常に複雑にするような制限を直ちに制定した。Huaweiは状況についてコメントするためにすぐに連絡することができませんでした。ロイター通信によると、商務省の代表も情報について話をしなかった。

    前例のない大惨事
    Googleの拒否権が確認されれば、携帯電話はすべて米国の多国籍企業のAndroidシステムで動作するため、Huawei社が独自のオペレーティングコードを開発する以外に選択肢がないことは大きな打撃となるでしょう。Androidは世界のオペレーティングシステム市場の85%を占め、残りはほとんどAppleのiOSの手に渡る。スペインでは、ドメインはスペイン語の10端末のうち9端末とヨーロッパの10の携帯電話のうちほぼ8端末にインストールされているため、さらに大きくなります。

    たとえ最初から新しいオペレーティングシステムを作成することができたとしても、中国の製造業者は潜在的な買い手を納得させるのに苦労するでしょう。そして、アプリのダウンロードの70%がオンラインストアのGoogle Playストアから、Appleストアの22.6%が占めています。

    グーグルの拒否は、ファーウェイのスマートフォンの世界最大の売り手になるという野望を損なう可能性もあります。米国のチームボイコットにもかかわらず、2018年は間違いなくファーウェイの年でした。この中国企業は、34.8%の驚くべき売上増加により、世界全体で2億2,290万台の携帯電話を販売しました。この増加にもかかわらず、携帯電話の世界的製造業者として3位にとどまっていますが、2位を奪うためにAppleのすぐ後に足を踏み入れ、そしてまだ表彰台をリードしているSamsungからは程遠いです。

    2001年に中国に上陸したにもかかわらず、中国企業が電気通信大手であるスペインでは、調停は大きな影響を与えるでしょう。実際、ネットワークインフラストラクチャとモバイルデバイスの両方に存在する唯一の製造業者です。そしてそれはどんな存在でもありません。中国企業は、固定ブロードバンド(ファイバまたはADSL)とモバイル(4G)ネットワークの両方の最初のプロバイダとしての地位を確立し、すべての全国の通信事業者(Telefonica、Vodafone、Orange、MasMovil)およびケーブル会社と協力または地元の企業。



    ※長いので続きはソースで
    ※本文はGoogle翻訳にて翻訳しています

    EL PAIS 2019年5月19日 - 23:39 CEST
    https://elpais.com/economia/2019/05/19/actualidad/1558294622_546268.html


    (出典 lovely-lovely.net)



    (出典 sustainablejapan.jp)



    (出典 d1z3vv7o7vo5tt.cloudfront.net)



    (出典 dw.diamond.ne.jp)


    【【国際経済戦】Huawei社は最大の危機に瀕している可能性とは、、、】の続きを読む


    Huawei Ascend(ファーウェイ・アセンド)は、中華人民共和国の華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)が展開するスマートフォン端末のブランド名である。 2010年に発表された最初のAscend、続く2011年に発表されたAscend IIは、それまでのIDEOSシリーズと同じくチープな新興
    4キロバイト (554 語) - 2018年10月29日 (月) 10:18



    (出典 news.tbs.co.jp)


    まさかスマートフォン向けソフトの提供が停止、、、乗り換えをしたばかりのに、、、

    1 ガーディス ★ :2019/05/20(月) 12:35:56.65

    2019/5/20 11:22 (JST)5/20 11:23 (JST)updated
     【ニューヨーク共同】トランプ米政権による中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への禁輸措置を巡り、米グーグルがファーウェイに対し、スマートフォン向けソフトの提供を停止した。ロイター通信が19日、関係者の話として報じた。

     ファーウェイは、グーグルのスマホ基本ソフト(OS)「アンドロイド」更新版を使用できなくなる。ファーウェイのスマホ事業の足かせとなりそうだ。

     グーグルの広報担当者は声明で「(米政府の)命令を順守し、その影響を確認している。既存のファーウェイ製品では、グーグルのアプリ配信サービスなどは機能する」と説明した。

    https://this.kiji.is/503000788026836065
    ★1)2019/05/20(月) 11:49:47.62
    前スレhttps://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558320587/


    (出典 dw.diamond.ne.jp)



    (出典 blog-imgs-124.fc2.com)



    (出典 www.nikkei.com)



    (出典 www.nikkei.com)


    【【国際経済 速報】Google、中国通信大手民営会社Huaweiのスマホにソフト提供停止? ホント?】の続きを読む


    「日本の消費者はご安心を」「セキュリティ更新に影響なし」 ファーウェイ P30発表で声明 - Engadget 日本版
    米企業の取引停止に揺れるファーウェイは本日(5月21日)、最新SIMフリースマートフォン「HUAWEI P30」シリーズを国内発表。登壇した呉波氏(デバイス部門 日本・韓国 ...
    (出典:Engadget 日本版)


    華為技術 > Huawei Ascend > Huawei Ascend P7 Huawei Ascend P7(アセンド ピーセブン)とは、華為技術(ファーウェイ)によって開発された、第3世代移動通信システムと第4世代移動通信システムに対応したAndroid端末である。日本では2014年9月5日に発売された。
    2キロバイト (312 語) - 2018年10月29日 (月) 10:31



    (出典 butsuyoku-gadget.com)


    今はまだはじまったばかりでとりあえずファ ーウェイだけだけど、ぶっちゃけ中国企業全部に広がるもんね。

    1 サーバル ★ :2019/05/21(火) 16:37:17.06

    「安心して」Huaweiが声明発表 Googleの取引一部停止
    2019年5月20日 23時30分 写真:テレ朝news
    ざっくり言うと

    Googleが取引を一部停止したことについて、Huaweiは声明を発表した
    スマホなどの既存製品すべてにアフターサービスなどを提供し続けると強調
    また、商品とサービスは「中国市場で影響を受けない」と消費者に呼び掛けた
    グーグル取引一部停止に ファーウェイが声明発表


    [画像] グーグル取引一部停止に ファーウェイが声明発表
     グーグルが取引を一部停止したことについて、中国の通信機器大手「ファーウェイ」は声明で「既存の製品にはサービスを提供し続ける」と強調しました。

     ロイター通信によりますと、アメリカのIT大手「グーグル」はファーウェイとの取引を一部停止したということです。トランプ政権がファーウェイを念頭に事実上の禁輸措置を取ったことに応じたものとみられます。これによって今後、発売されるファーウェイの新製品にグーグルが開発する基本ソフト「アンドロイド」の更新版が使えなくなりますが、ファーウェイは「既存のスマートフォンやタブレット製品のすべてにセキュリティーアップデートとアフターサービスを提供し続ける」と発表しました。また、中国語の声明では「商品とサービスは、中国市場で影響を受けない」と消費者に安心して購入するよう呼び掛けました。
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16489831/


    (出典 buzzap.net)



    (出典 img.fxtec.info)



    (出典 i0.wp.com)


    【【米中経済戦】「安心してほしい」 Android更新影響なし、セキュリティー更新あるとコメント  】の続きを読む


    三峡ダムが歪んでいる! 亀裂も大量に! 不安視する中国国民に「安全だ。心配するな」=中国 (2019年7月9日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    中国には世界最大級のダムである「三峡ダム」がある。長江中流に位置する三峡ダムは2009年に完成した多目的ダムで、「1万年に1度の大洪水でも防げる」とまで言われ ...
    (出典:エキサイトニュース)


    三峡ダム(さんきょうダム)は、中国・長江中流域の湖北省宜昌市三斗坪にある大型重力式コンクリートダムである。 1993年に着工、2009年に完成した。洪水抑制・電力供給・水運改善を主目的としている。三峡ダム水力発電所は、2,250万kWの発電が可能な世界最大の水力発電ダムである。 ダムは長江三峡
    25キロバイト (3,487 語) - 2019年7月2日 (火) 12:58



    (出典 blog-imgs-124.fc2.com)


    そんなダムで本当に大丈夫だろうか?

    1

     中国には世界最大級のダムである「三峡ダム」がある。長江中流に位置する三峡ダムは2009年に完成した多目的ダムで、「1万年に1度の大洪水でも防げる」とまで言われていたものの、亀裂が大量に見つかるなど問題が山積している。中国メディアの今日頭条は7日、完成してから10年になるこの三峡ダムを不安視する国民に対して、「安全なので心配するな」と呼びかける記事を掲載した。

     記事は、近頃SNS上で「三峡ダムはすでに歪んでいる」という話が広まり、決壊のうわさまで出ているが、三峡グループが「すべて正常で安心して良い」とする声明を発表したと紹介。この三峡グループは、計測専門の部門が定期的に細かな管理を行っているため心配するには及ばないと主張した。地質環境の計測は14項目、計測点は1万2000余りであるとその専門性を強調した。

     では、ダムが変形しているという話は本当なのだろうか。記事は、水位は温度などによっても変わり、ダムの中央と縁とでも異なるが、どの数値も「正常の範囲内」であると紹介。2018年2月に撮影されたとする写真が変形の証拠だとされているが、2018年9月に撮影した別の写真は正常であったと指摘している。

     では、この説明に中国の人びとは納得しているのだろうか。記事に対してほんの数時間で5000を超えるコメントが寄せられ、中国国民の強い関心が見て取れる。反応は大きく2つに分かれ、「大丈夫というのなら大丈夫だろう」と楽観的な意見も少なくなかったが、信用できないという人も多かった。その理由は、主に「ほんの数ミリの違いで正常の範囲だというのなら、なぜ目視確認できるほど歪んでいるのか」というもっともなものだ。ほかにも、「チェルノブイリでも似たようなことを言っていた」と不安をあらわにする人もいた。

     このダムに関しては、全国の電力の1割を賄っているが、140万人ともいわれる移住者、水質汚染、生態系の破壊、さらにはダム周辺での地震の急増などが指摘されてきたのも事実だ。中国では、不安をあおるような情報の拡散を防ぎたいようだが、素直に安心はできないのが多くの国民の本音のようである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    2019-07-09 05:12 サーチナ
    http://news.searchina.net/id/1680472?page=1

    (出典 image.searchina.net)



    (出典 blog-imgs-124.fc2.com)



    (出典 www.newsweekjapan.jp)



    (出典 i.imgur.com)



    (出典 blog-imgs-124.fc2.com)



    (出典 i.imgur.com)



    (出典 tr.twipple.jp)


    【衝撃動画コレ!【中国】三峡ダムが変形しているという話は本当なのだろうか!亀裂も大量に!…不安視する中国国民に「安全だ。心配するな」】の続きを読む

    このページのトップヘ