マネープラス

マネープラスは主に2chまとめなどの生活・経済に関する面白い記事・画像とその他の様々なライフスタイルを紹介するまとめブログです。

  • Twitter
  • RSS

    カテゴリ:スポーツ&健康 > スポーツ大会


    MGC)では、日本陸上競技連盟が指定した男子5大会・女子4大会をマラソングランドチャンピオンシップシリーズ(MGCシリーズ)としてMGCレース出場を懸けて行われるが、MGCシリーズ以外にも国際陸上競技連盟公認大会などで条件を満たした選手もワイルドカードとしてMGCレース出場権を得ることができる予定である。
    21キロバイト (2,927 語) - 2019年7月11日 (木) 15:40



    (出典 i.ytimg.com)



    女子は大混戦だが面白そう、オリンピック最終選考会出場選手だね!
    12人って世界的に見ても前例がないから、楽しみに!


    1

    MGCは国内トップランナーが集結する究極の一発勝負。
    国内で開催される東京五輪の代表決定戦で、注目度の高さは過去に例がない。
    勝負のポイントは37キロ付近から高低差30メートル超を駆け上がる上り坂とみるが、重圧や暑さなど波乱を起こす要素も多い。

    男子は大迫傑(28)=ナイキ、設楽悠太(27)=Honda、井上大仁(26)=MHPS、服部勇馬(25)=トヨタ自動車=の「4強」が中心となる。
    4強の対抗の1番手は山本憲二(29)=マツダ=だ。昨年の東京を2時間8分48秒、今年のびわ湖毎日も2時間8分42秒と安定しており、地力は高い。

    16日で27歳の中村匠吾(富士通)も自己ベストは2時間8分16秒で、展開次第で上位を脅*力はある。
    残暑が厳しければ「初代・山の神」の今井正人(トヨタ自動車九州)も浮上する。35歳のベテランだが暑さに強いとされ、
    終盤の上り坂勝負まで持ち込んで粘りたい。

    女子は大混戦だが、鈴木亜由子(27)=日本郵政グループ=と松田瑞生(24)=ダイハツ=が軸となりそう。
    この2人に前評判は及ばないものの力を秘めるのが前田彩里(27)=ダイハツ、関根花観(23)=日本郵政グループ、一山麻緒(22)=ワコール=の3人だ。

    前田は2015年世界選手権マラソン代表。その後は左足首のけがなどに苦しんだが、一昨年にレース復帰後は一戦ごとに力が戻っている。
    関根は16年リオデジャネイロ五輪の長距離代表で、昨年の名古屋ウィメンズで初マラソン3位。
    チームは近年、日本代表を相次いで輩出しており、選考会に向けた調整力は高い。
    一山も初マラソンだった今年の東京で2時間24分33秒の好タイムをマーク。まだ22歳で伸びしろも大きい。
    https://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20190909/k00/00m/050/317000c


    (出典 www.mgc42195.jp)



    (出典 www.waseda.jp)



    (出典 contents.melos.media)



    (出典 shabonyukuro.com)



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    【【注目 マラソン】東京五輪代表選考「MGC」は波乱含み 注目度の高さは過去に例がない】の続きを読む


    【FIBAワールドカップ2019】ベスト8出揃う! 準々決勝組み合わせ - Sporting News JP
    FIBAバスケットボール・ワールドカップ2019は、9月9日の試合結果を受けて、決勝ラウンド進出チーム及び準々決勝の組み合わせが決定した。
    (出典:Sporting News JP)


    国際バスケットボール連盟 (FIBAからのリダイレクト)
    国際バスケットボール連盟(こくさいバスケットボールれんめい、フランス語: Fédération Internationale de Basketball Association、略称FIBA)は、バスケットボールの国際的な統括団体。本拠地はスイスのジュネーヴ。 1932年にジュネーヴにて国際アマチュアバスケットボール連盟として結成。原
    6キロバイト (588 語) - 2019年9月3日 (火) 02:08



    (出典 www.fiba.basketball)


    「『FIBAワールドカップ2019』最終戦 モンテネグロに65-80で敗れ、史上最強チームは史上最低の31位で敗退」とこの結果を伝えていた。 最終戦 モンテネグロに65-80で敗れ、史上最強チームは史上最低の31位で敗退」この文を読むと確かに不愉快な感じをする。負けただから厳しい言葉なるのがわかるが、それは愛情があるからついつい厳しくなると思われる。これは愛情と激励を感じられない。ファンたちの怒りはものすごくわかる。

    1 ボルジア ★

    FIBAバスケットボールワールドカップ2019が行われ、日本は1次ラウンドおよび17-32位決定ラウンドで、5戦全敗で大会を終えた。アメリカでプレーしている八村塁や渡邊雄太も招集し、「史上最強」とも言われたチームだったが、この残念な結果にバスケファンからは落胆の声が聞かれている。そんな中、日本バスケットボール協会(JBA)のあるツイートが物議を醸している。

     問題となっているのは、JBAが公式ツイッター上に、9日午後10時頃投稿したあるツイート。この日、日本は17-32位決定ラウンド最終戦でモンテネグロに65-80で敗れ、全32チーム中31位という順位が決定してしまっていたが、JBAは「『FIBAワールドカップ2019』最終戦 モンテネグロに65-80で敗れ、史上最強チームは史上最低の31位で敗退」とこの結果を伝えていた。

     しかし、このツイートについてバスケファンを中心に、「ファンもピリピリしてるのに、逆撫でするような言動しないでください」「なんでこんなに悪意のある書き方をする?」「言い方がひどすぎる。選手たちに失礼」といった批判の声が殺到した。

    https://npn.co.jp/article/detail/16004314/


    (出典 dogatch-static-data.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)





    15 名無しさん@恐縮です

    >>1
    >「ファンもピリピリしてるのに、逆撫でするような言動しないでください」

    一番キレてるのがJBAだってことだ。
    言わせんな。


    87 名無しさん@恐縮です

    >>2
    やつらは追放したった。
    バスケ協会は今やサッカー協会の下部組織に成り下がってる。
    こっちの方がいいという側面は否めないが。


    6 名無しさん@恐縮です

    事実を言うとダメなのか?w


    13 名無しさん@恐縮です

    まぁ完全に*にしている内容ではあるからな
    代表の権限ってJBAから相当手が離れてんのか?
    元々ゴミみたいな連中だからどうなってるのか予想もつかんな





    日本、オーストラリアに敗れ5位/U18W杯詳細 - 高校野球 - 日刊スポーツ
    U18W杯(ワールドカップ)はスーパーラウンド最終戦。1-4で敗れ決勝進出成らず。5位で全日程を終えた。--U18高校日本代表全20選手の写… - 日刊スポーツ新聞社の ...
    (出典:日刊スポーツ)


    ソフトバンク - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2018年12月13日閲覧。 ^ a b c d “ソフトB、秀岳館の魔球サウスポー田浦に照準 U18W杯で29K あさってドラフト”. 西日本スポーツ (2017年10月24日). 2017年10月3日閲覧。 ^
    12キロバイト (1,404 語) - 2019年8月25日 (日) 13:32



    (出典 widget.sportsbull.jp)


    野球やってる国が3ヶ国くらいの大会で5位!期待する結果じゃないわょ(*´・ω・) 

    1

    豪州 0 4 0 0 0 0  0 0 0|4
    日本 1 0 0 0 0 0  0 0 0|1
     
    【投手】
    (豪州)ビドイズ、リー、ホール- バーク
    (日本)浅田、前、池田- 水上、山瀬

    【本塁打】
    (豪州)
    (日本)
         
    https://baseball.yahoo.co.jp/live/baseball_event/game/2019090782/score?rf=1

    U18侍 オーストラリアに敗れて決勝進出が完全消滅 打線沈黙で反撃ならず

     ◇第29回WBSC U18ワールドカップ 日本1―4オーストラリア(2019年9月7日 機張)

     「第29回WBSC U18(18歳以下)ワールドカップ」は7日、韓国・機張(キジャン)でスーパーラウンド第3戦が行われ、高校日本代表はオーストラリア代表と対戦。1―4で敗戦し、決勝進出の可能性が完全に消滅した。

     6日の韓国戦に敗れ、自力での決勝戦進出が消滅していた日本。決勝戦へ進出するには、この日のオーストラリア戦に勝利し、米国が韓国に、台湾がカナダにそれぞれ敗れることが必須条件となっていた。

     絶対に負けられない日本は右腕・浅田(3年=有明)が今大会2度目の先発マウンド。初回は無失点で切り抜けるも、1点リードの2回に無死一、三塁から8番・マクドナルドの中前適時打で同点とされ、なおも満塁となってから1番・バザーナの左前適時打で勝ち越しを許して降板した。

     後を受けて、2番手右腕・前(3年=津田学園)が無死満塁から登板。流れを止めたかったが2番・レイの打ち取った打球を三塁手・石川(3年=東邦)が後逸し、さらに2点を失った。それでも前は好投。5~6回にかけては5者連続三振を記録するなど5回を投げ、2安打無失点9奪三振の好救援を見せた。3番手右腕・池田(3年=智弁和歌山)も粘投で追加点を許さず、味方の逆転を待った。

     しかし、打線はオーストラリアの投手陣を相手に反撃することができなかった。得点は初回に4番・石川の内野ゴロの間に入れた1点のみ。6、7回と終盤にかけて好機を演出するも、あと一本が出なかった。

    9/7(土) 15:35配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190907-00000162-spnannex-base

    ★1が立った日時:2019/09/07(土) 15:35:52.34

    前スレ
    【野球】U18W杯 スーパーラウンド 日本 1-4 オーストラリア 日本代表、決勝進出ならず
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1567838152/

    h
    (出典 www.nikkansports.com)



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    (出典 pbs.twimg.com)


    【注目【高校野球】U18W杯 スーパーラウンド 日本vsオーストラリア( 1-4 )に敗れ 5位確定 決勝進出が完全消滅 】の続きを読む

    このページのトップヘ